元気だったハムスターが突然瘦せた!体重減少の理由、正しい対処法とは?

アイキャッチ画像『ハムスターが突然痩せる理由』ハムスターを飼う

皆さんの飼っているハムスターは元気ですか?

ペット飼育では定期的な健康チェックを行うことで、病気の予防や早期発見につなげることができます。治療費節約できてペット、飼い主ともにメリットがあります。

では、もしも飼育しているハムスターが突然痩せた場合どのように対処すれば良いのでしょうか?

一見、元気に見えるからといって放置してはいけません。その理由をご紹介します。一見、元気に見えるからといって放置してはいけません。その理由をご紹介します。

ハムスターが痩せる主な原因

元気なハムスターの画像

脂肪が付きやすく毛量が多いハムスターは、多少の体重減少があっても見た目が変わることは変わりません。

明らかに痩せている場合には健康面で何らかの問題があると考えられます。ハムスターが痩せたり体格が変わる理由として多く報告されるのが以下の4つになります。

  • 環境への警戒、ストレスを感じている
  • 夏バテによる体重減少
  • 老化によって痩せる、衰える
  • 怪我や病気によるもの

環境への警戒、ストレスを感じている

ハムスターが痩せる原因の1つに、飼育環境への警戒心やストレスが挙げられます。

何世代にも渡り人間に飼育されてきたハムスターですが、元々は自然界において捕食される側の生き物です。そのため、少しの環境変化にも強いストレスを感じて身を守る行動を取るのです。

例えば、ペットショップで購入したばかりの個体は新しい環境や慣れない餌、匂いに強い警戒を示します。これにより食べる量が減って痩せるケースは珍しくありません。

フードの摂取量に不安を感じる方は、ひまわりの種などハムスターが進んで食べる餌を与えると良いでしょう。

餌を食べない時の対処法はこちら

夏バテによる体重減少

夏場など気温の高い環境下でハムスターが痩せた場合には、夏バテや熱中症が疑われます。

個体差や飼育環境により差はあるものの、ハムスターの適温は18度から26度程度とされています。

ハムスターを含めとする多くの動物には汗をかいて体温を下げる機能が備わっていないため、暑さ対策をしない状態で気温が上がると体調不良に陥るのです。

夏バテによる食欲低下や脱水症状が命に関わるケースもあります。

夏場はエアコンをつけたりひんやりグッズを設置するなど対策しましょう。

老化によって痩せる、衰える

寿命が1年半から3年程度と短いハムスターには、1歳を超えたあたりから老化の現象が見られます。

食欲低下や脱毛、活動時間の減少といった人間同様の変化が起こり、それにより痩せるケースは珍しくありません。また、免疫力が低下し病気にかかりやすくなるなど生命維持に関わるリスクが増加するので注意が必要です。

高齢になっても痩せる事なく元気に動き回る個体もいるので、老化のサインを見逃さないよう注意深く観察していく必要があります。

怪我や病気によるもの

ハムスターは怪我や病気をしやすく、それにより命を落とす可能性も高い生き物です。昨日まで元気だったハムスターが突然痩せたり動かなくなった場合には、健康上の理由が考えられます。

ハムスターによく見られる怪我としては、喧嘩での出血、落下や飼育用品に挟まることによる骨折、内臓破裂があります。

一方、かかりやすい病気には腫瘍や細菌由来の膿溜まりなどがあります。

これらの怪我や病気によって、食欲不振や脱水症状、消化不良が起こり突然痩せる原因となるのです。

ハムスターが痩せたら病院に連れて行くべき?

飼育しているハムスターに突然痩せる、体重が減少するなどの変化があった場合には動物病院に連れて行くべきです。

多くの小動物は、天敵に狙われるのを避けるために弱っている姿を隠す習性があります。そのため、普段と変わらない元気な姿に見えても体内では病気や怪我が進行している可能性があるのです。

症状が出てから対応しても間に合わないケースが多いので早めに動物病院を受診しましょう。

もち
もち

自然治癒に期待して放置するのはおすすめできないよ。

ペットとして飼われてきたハムスターはデリケートなんだ。

ハムスターの健康を保つポイント

ここからは、ハムスターの健康状態を保つために覚えておきたい3つのポイントについて解説していきます。

いずれも手軽に実践できることなので習慣付けると良いでしょう。

  • ケージはこまめに掃除する
  • ハムスターには適した食べ物を適量与える
  • 温度、湿度管理に気をつける

ケージはこまめに掃除する

ハムスターは病気に弱い動物のためケージや給水ボトル、餌入れなど、細菌の繁殖しやすい場所は定期的に掃除する必要があります。

1〜2週間に1回は掃除を行い、その際に汚れた部分の水洗いや拭き掃除をします。(ケージ内をアルコール除菌した後は、急性アルコール中毒を防ぐためアルコール成分をしっかり飛ばしてからハムスターを入れてください。)

ケージ内に尿が溜まって汚れている場合にはハムスター用のトイレを利用しても良いでしょう。

ハムスターには適した食べ物を適量与える

人間とその他の動物とでは消化、吸収できる食べ物に違いがあります。

適さない食べ物を接種することで消化不良やアレルギー反応、呼吸困難、などが起こり死に至るケースも珍しくありません。そのため、ペットには正しい餌を適量与える必要があります。

例えば、ハムスターが食べてはいけないものとして

  • ネギ
  • ニラ
  • にんにく
  • チョコレート
  • 糖分や塩分、油分の多いもの
  • 頬袋に付いて取れなくなるもの

などが挙げられます。

ハムスターが何でも食べるからといって、いろいろなものを与えるのは危険です。

十分な知識がない方は『与えて良い食品なのか、どれくらい食べさせて良いのか』を事前に調べましょう。

温度、湿度管理に気をつける

ハムスター飼育では、急激な温度変化や湿度の高い環境を避ける必要があります。

小動物は体積に比べて表面積の占める割合が大きいため、外の温度に影響されやすい性質があります。そのため、熱い環境では熱中症や脱水症状になりやすく、反対に寒い環境では疑似冬眠に陥りやすいのです。

また、ハムスターは本来、乾燥した地域の生き物で湿度の高い環境には適応できません。細菌やカビによって病気になる可能性が高いです。

不安がある方は温度計を設置してこまめに管理しましょう。

ハムスターの健康チェックを習慣づけよう

このページでは、ハムスターが急に痩せる原因や対策、体重変化が見られた際の対処法について解説しました。

ハムスターは販売価格が安くペットとして手頃に思われがちですが、意外にも飼育の難易度は高い動物なのです。骨折、腫瘍、熱中症など、怪我や病気をしやすいハムスターを飼ううえで日々の健康チェックは欠かせません。

  • 体重
  • 毛並み
  • 目脂、目の輝き
  • 歯や爪の長さ
  • 糞の色、尿の匂い
  • 餌や水分の摂取量
  • 運動量

などの細かな項目を確認します。

健康管理と飼育環境の見直しでハムスターが元気に過ごせるよう配慮し、急に痩せるなどの変化が見られた際には早めに動物病院を受診しましょう。

ハムスターのダイエットについてはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました