ハムスターが餌を食べない時の対象法とは?心配事をケース別に解説

ハムスターを飼う

ハムスターは非常に憶病で神経質な生き物で、少しの変化にも驚き警戒心を持ってしまいます。その代表的な変化に餌を食べないことが挙げられます。

「ハムスターをお出迎えしたけれど餌を食べない」「餌を変えたら食べなくなった」「これまで食べていた餌を食べなくなった」など、ハムスターが餌を食べない問題は頻繁に起こります。

数日にわたって餌が減らないと飼い主としては非常に心配です。では、どうして餌を食べないのでしょうか?ケース別の理由と対処法をご紹介します。

餌が減らないと死ぬ?

ジャンガリアンハムスターの画像

ハムスターが餌を食べないと非常に心配になります。実際のところ、ハムスターが数日にわたって餌を食べないと餓死してしまうのでしょうか?

ハムスターには餌を蓄える習性があり、これまでに貰った餌を頬袋やケージ内の巣とみなした場所に隠し持っています。与えた餌を食べていなかったとしても、ストックした餌を食べている場合には餓死の心配はありません。ストックした餌がなくなるにつれて与えた餌も食べるようになります。心配な時には巣の中をチェックして餌がないか探してみてください。

問題は隠し持った餌がないにも関わらず、与えた餌が減らないことです。ストレスや警戒など理由は様々ですが、何も食べていない期間が続くと餓死する危険があります。

お出迎えしたハムスターが餌を食べない時

まず、餌を食べないケースとして挙げられるのがお出迎え後のハムスターです。新しい家族としてお出迎えしたハムスターが餌を食べないことは多々あります。ハムスター飼育に慣れた方であれば当たり前のことですが、初めて飼育する人の中には心配になる方も多くいます。

これはハムスターが新しい環境に慣れておらず、警戒心を抱いているためです。移動のストレスもあるためハムスター的にはそっとしておいてほしい時なのです。この間に無理に餌を食べさせようと、手で近づけたり声をかけたりするとハムスターにとってストレスを増加させる結果になります。

対処法は?

お出迎えしたハムスターに餌を食べてもらうためには、お出迎え後はあまり構わないようにして安全な場所であることを認識させましょう。また、餌は手で与えるのではなく餌入れに置いておく、ペットショップで与えられていた餌を与える、キャベツなどの野菜を添えておくなどの工夫をしてみてください。

ペレットが減っていなくても一緒に与えた野菜が減っていることがあります。

お出迎え後に餌を食べていなかったとしてもフンをしていればハムスターのお腹に餌があった証拠となります。フンの数が異常に少なかった際にはお出迎え以前から何も食べていないことになるため、ペットショップや動物病院に相談してみると良いでしょう。

餌の種類を変えて食べなくなった時

2つ目のケースとして餌の種類を変えたときにハムスターが餌を食べなくなることがあります。こちらはハムスターが慣れない匂いの食べ物に直面し、食べても大丈夫なものか警戒しているためです。

特に匂いの強いペレットはハムスターにとって好き嫌いの分かれやすい餌で、A社のペレットの食いつきは良いがB社のペレットの食いつきが悪いということが頻繁に起こります。ハムスターとしては一時的な警戒心を抱いているだけなので自然となれることが多いです。

対処法は?

餌の種類を変えた際にハムスターが餌を食べなくなったときには、とりわけ心配することはありません。新しい餌を置いておけば自然と食べるようになります。

また、どうしても心配な場合にはこれまで与えていた餌と新しい餌を混ぜてあげる、おやつを添えて与えてみる、新しい餌にキャベツなどの野菜を添えて置いてみるなど工夫をしてみると良いでしょう。個体によって好き嫌いはありますが、ふやかしたペレットを好んで食べる子もいます。

ハムスターごとに食べ物の好き嫌いはあります。しかし、基本的に継続して与えていればどんなペレットでも食べるようになります。

もち
もち

筆者の飼育しているもちは、新しいペレットが苦手です。そのままだと食べませんが、お湯でふやかしたペレットなら食べます。

まずはふやかしたもので慣らしています。

これまでの餌を食べなくなった時

ハムスターが餌を食べなくなる3つ目のケースとして、これまで食べていた餌を食べなくなることがあります。これにはハムスターの体調面が大きく関わってきます。

頬袋や巣に餌のストックがないにも関わらず、慣れた餌を食べないときにはハムスターの体に良くないことが起こっているサインです。ハムスターが熱中症や細菌による病気、遺伝子的な病気にかかっている可能性があります。

対処法は?

与えられた餌を食べなくなった際には、飼育している環境を見直してみてください。ケージ内が汚れていたり温度が適切でなかったりと良くない環境ではハムスターにストレスがかかり餌を食べなくなることがあります。また、ハムスターの噛み合わせが正しいかの確認も必要です。ハムスターなどの齧歯類ははが一生伸び続けるため適切に削らないと噛み合わせが悪くなることがあります。不正咬合を起こしてうまく噛めなくなっていないかチェックしてあげましょう。

どうしても理由が分からない時には動物病院に連れて行くことをおすすめします。ハムスターの症状がはっきり分かる場合には、自宅で回復を待つこともできます。しかし、ハムスターなどの小動物は病気にかかっていることを隠す習性があるため、体調不良のサインが現れた時は死の直前であったりします。原因不明の体調不良が見られた場合には一刻も早く専門知識を持った人に見てもらいましょう。

餌を食べないのは何らかののサイン

このページではハムスターが餌を食べないときの理由や対処法を紹介してきました。餌を食べない時の3つのケースのうち、とりわけ大きな問題がないのが『お出迎えした時』や『餌を変えた時』などハムスターが慣れない匂いや環境に警戒心を抱いている場合です。一方で、ハムスターの体に何らかの異変が考えられる危険なケースが『これまで食べていた餌を食べなくなる場合』です。

餌を食べないという一つの現象ですが、状況によって対処法は異なります。それぞれの状況に応じて適切な措置をとってください。

コメント