お得な情報!

Amazonでプレミアムフードが安く購入できることをご存知ですか?
ホームセンターで購入するより安いので、筆者も愛用しています。

チェックしてみる

ハムスターの落ち着きがないのはなぜ?理由と対処法を解説します

ハムスターを飼う

ハムスターがガサゴソして落ち着きがない、ずっと動いていて巣箱にも入らないなどハムスターの病気を疑ってしまうことはありませんか?

ハムスターが落ち着きなく動く時にはそれなりの理由があります。どうして落ち着かないのか知っておくと良いでしょう。

このページでは、ハムスターの落ち着きがない時の理由や対処法を紹介しています。いざという時のために目を通しておいてください。

ハムスターが動き回っている

ジャンガリアンハムスターの画像

まずはハムスターが落ち着かない状態についてある程度定義付けをしましょう。このページで解説する落ち着かない状態とは、普段ある程度大人しい個体が急に忙しなく動き続ける事に限定します。普段から活発なハムスターについて大人しくさせるための記事ではないためご注意ください。

いつもは巣箱に入って静かに寝ているはずなのに今日はずっと起きて動き回っているなど、ハムスターには突然落ち着きがなくなることがあります。これにはハムスターの体調や状態が関係しています。

どんな理由があるのか詳細を確認しておきましょう。

ハムスターか落ち着かない理由

ハムスターが落ち着きなく動き回るのには以下の6つの理由が考えられます。それぞれの対処法を紹介しているので参考になさってください。

  • 警戒している
  • 興奮状態にある
  • 外に出たがっている
  • 巣箱が汚れている
  • 発情、妊娠のサイン
  • 病気、寿命のサイン

警戒している

ハムスターの落ち着きがない時に考えられる理由の1つとして、ハムスターが警戒している可能性が考えられます。ハムスターは非常に警戒心が強い生き物であり、安心できる環境でないと常に周囲の様子を伺い続けます。

飼育しているハムスターが常に周囲をキョロキョロとして巣箱にも入らないようであれば、飼育環境や人間に警戒心を抱いている可能性があります。お出迎えしたばかりのハムスターであれば1週間ほど餌と水の交換だけでそっとしておけば自然と安心感を覚え、落ち着きを取り戻すことでしょう。

すでにある程度の期間飼育しているハムスターが急に警戒心を抱くようになった場合には何かしらの理由があります。部屋に強い匂いのするものがないか、音や光でハムスターを脅かした記憶はないか確認してみましょう。原因を取り除くことができれば問題は解決されます。

興奮、発情状態にある

ハムスターの落ち着きがない理由の2つ目としては、飼育しているハムスターが興奮状態にあることが考えられます。ハムスターを音や早い動きで驚かせてしまうとハムスターが興奮して動き回るようになります。

多くのハムスターは自分の巣箱に隠れるのですが、個体によっては周囲の安全を確かめるため積極的にケージ内を動き回ります。ハムスターが興奮状態にあるときには、刺激となる物を排除してしばらくそっとしておきましょう。

また、オスとメスを一緒に飼育している場合には、オスのハムスターが発情してメスを追いかけ回す事があります。メスがオスから逃げたり反撃するのでせわしなく動きますが、落ち着きのない日が4日に1度くらいのペースで訪れていれば、メスの発情周期に関係しているだけなので特に問題はありません。

外に出たがっている

ハムスターに部屋んぽをさせている場合には、ハムスターが外に出たがっている可能性が考えられます。ハムスターは自分のテリトリーだと認識した場所を散策して縄張りが荒らされていないか頻繁にチェックします。

部屋でお散歩をさせた場合、ハムスターが部屋を自分の縄張りであるとみなしてケージの外に出たがることがあります。この場合の対処法としては、ハムスターをケージから出して散歩させるか、しばらくの間部屋んぽをさせないで縄張りを忘れさせるしかありません。

部屋んぽについてはこちらの記事を参考になさってください。

ハムスターに部屋んぽは必要?部屋んぽの仕方から時間まで詳しく紹介
ハムスターに『部屋んぽ』をさせる飼い主が多くいます。運動不足の解消やストレス対策で行っている人は多いですが、その本当の目的や注意点を知らない人も多数います。何も知らずに部屋んぽをさせてしまうことで、ハムスターを逃がしてしまったり踏...

巣箱が汚れている

ハムスターが落ち着きのない理由の四ッ目として巣箱の汚れが考えられます。ハムスターは臭いに敏感な生き物で、かなりきれい好きな一面を持っています。巣箱が汚れていたり強い匂いがするとその環境を嫌がって新しい巣を探し回ります。

常に床材に潜ろうとしている、飼育用品の隙間に入り込もうとする、ハムスター用のおうちがないといった場合には、清潔な巣箱を用意してあげましょう。

巣箱をきれいにする際には洗剤や石鹸を使わず、水洗いを行ってください。また、アルコール除菌したての試供品をハムスターに近づけるとアルコール中毒になってしまうことがあるため、アルコール分を含まない動物用の消毒スプレーを使用してください。

ハムスターの掃除については以下の記事を参考になさってください。

妊娠のサイン

オスと一緒に飼育していたメスのハムスターが落ち着きをなくした場合には妊娠が考えられます。メスのハムスターは妊娠すると積極的に巣作りを行うようになり床材を巣箱に運びます。

ハムスターの妊娠は、品種にもよりますが2週間ほどで巣作りが完了します。巣作りが終わればおうちの中でおとなしく子育てに励むので心配はありません。

病気、寿命のサイン

ハムスターの落ち着きがない時に考えられる最後の理由は、病気や寿命です。いつもおとなしくしているハムスターが急に活発になった、お見合いをさせたり驚かせた記憶がない、1日中落ち着きがないなど急に様子が変化した場合にはハムスターが病気にかかっている可能性があります。ハムスターを含め、自然界で捕食される側の生き物は弱い姿を見せないため病気にかかっても健康であるかのように振る舞います。

もち
もち

症状が目に見える形で現れたときには既に時に遅しということもあるので早めに病院を受診しておくと良いでしょう。

また、ハムスターは生後1年半頃から老化が始まります。2年近く飼育しているハムスターが落ち着きなく動き回っている場合には寿命が大きな原因として考えられます。寿命が原因で活動的になったハムスターに有効な対処法はありません。毛がボサボサになったり目の輝きが失われてきたり丸々と太っていた体型が徐々に痩せてくるなど老化の現象が見られた際にはとりわけ特別な事はせず、いつも通りそっとしておきましょう。

しっかり観察して対処しよう

このページでは、ハムスターの落ち着きがないときの理由や対処法を紹介してきました。ハムスターが落ち着きなく動き回るのには、警戒、発情、寿命、病気など様々な理由があります。原因がはっきりしており簡単に対処できるものもあれば、専門の機関に相談しなければ明確な対処法がわからないものまで様々です。

ハムスターの異変に気づくためには普段から頻繁に観察している必要があります。観察中にいつもとは違う不思議な動きを見かけた際には、より注意深く観察して原因を探してみてください。

また、情報を調べるだけでなく動物病院への受診がおすすめです。専門機関の知識を借りてハムスターの健康を守りましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました