お得な情報!

Amazonでプレミアムフードが安く購入できることをご存知ですか?
ホームセンターで購入するより安いので、筆者も愛用しています。

チェックしてみる

ハムスターのダイエット方法を紹介!適正体重と安全な痩せ方とは?

ハムスターを飼う

「飼育しているハムスターが太ってきた」「購入したハムスターが酷く太っていた」など、ハムスターの肥満を気にしている人もいるのではないでしょうか?

餌を食べる可愛い姿を見るためにペレットを与えすぎてしまう飼い主がいるだけでなく、適切な餌を与えてないために太らせてしまうペットショップもあります。

ハムスターは全身を毛皮に覆われているため多少の体重の変動は見て取れないものですが、太り過ぎは健康を害することがあります。適切な体重を保てるよう、運動や栄養の管理を学んでおきましょう。

このページでは、ハムスターの適正体重からダイエットの方法を紹介します。

ハムスターの適正体重

まずは、飼育しているハムスターにダイエットが必要なのか、種類ごとの適正体重を確認しておきましょう。体重はメスの方がオスに比べて重くなる傾向がありますが、性別に関係なく適切な体重が以下の通りです。

  • ゴールデンハムスター・・・80~150g
  • ジャンガリアンハムスター・・・25~50g
  • ロボロフスキーハムスター・・・15~35g

上記の適正体重はあくまでも目安であり、個体によってはダイエットの必要がない場合もあります。また、表示した範囲から多少オーバーしていても自然と痩せて適正体重に戻ることがあるのでそれほど問題視する必要はありません。

しかし。適正体重の最大値から大きくオーバーしている場合には、ダイエットの必要があります。最大値の1.3倍から1.5倍の重さに達した場合には飼育方法や環境を見直しましょう。

肥満によるハムスターの健康問題

肥満によって引き起こさせるハムスターの健康問題のひとつが病気の可能性です。ハムスターの体重が増えることで、高血圧や糖尿病、脱毛など様々な病気の可能性が高まります。ハムスターの中には、太ってしまってから運動する時間が少なくなる子もいます。肥満になってしまい、なかなか痩せられずに病気にかかってしまうこともあります。

また、心身への負担もあります。運動が減ったり体重が急激に増えたハムスターは怪我をしやすい状態にあるため普段の生活で骨や関節、血管を痛めることがあります。また、運動不足はストレスに繋がったりストレスへの耐性を弱めるため健康を害する可能性があります。

ハムスターの肥満チェック方法

ハムスターの肥満が気になった場合には、自宅のペットが太り過ぎていないかチェックしましょう。適正体重を参考にするもの1つの手段ですが、個体差があるためその子に合わせて見てあげることが大切です。

簡単に実践できるチェック方法が以下の3つです。

  • お腹の肉が厚くないか
  • のそのそ歩いていないか
  • 活発に運動しているか

ハムスターの肥満は、お腹を見ることで簡単にチェックできます。腕から足の付け根にかけてお腹の肉が厚かったり段になっていると肥満が疑われます。同様の理由でお腹が重そうに歩いていたり動きがのそのそとスローだった時には太り過ぎている可能性があります。

個体によりますが、太る前後で運動量が減るケースがあります。急に寝てばかりになった時にも肥満が疑われます。

ハムスターが寝てばかりで心配な方はこちら

ハムスターのダイエット方法

ハムスターの体重が適正体重を大きく超えていた場合にはダイエットをする必要があります。ここからはハムスターのダイエット方法を確認しましょう。

ハムスターにダイエットをさせる際には、ハムスターの体に負担がかからないよう無理な運動や過度な食事制限は避けるようにしましょう。ハムスターのダイエット方法は以下の3通りです。

  • 運動できるグッズの設置
  • 食事を見直す
  • 飼育スペースを広くする

運動できるグッズの設置

ハムスターのダイエットで最もおすすめなのが、たくさん運動させて体重を減らす方法です。食事制限に比べてハムスターへのストレスが少なく、健康維持にも繋がるので、まずは積極的な運動を心がけましょう。

ハムスターの運動に最も役立つアイテムがホイールです。飼い主の中には、購入を渋ったり騒音のためにホイールを設置しない人もいますが、運動不足はハムスターのストレスや健康面に悪影響を及ぼすので極力設置してあげてください。

夜間にホイールを外してしまう方もいるようですが、ハムスターは夜行性であるため活動時間は夜になります。夜間にこそホイールを使わせてあげましょう。

もち
もち

サイレントホイールを使用すれば夜でも静かだよ!

食事を見直す

ハムスターのダイエットを始める際に見直したいのが毎日の食事です。ハムスターの中には太ってしまったが故に運動を嫌う個体もいるため食事の見直しが効果的な場合があります。食事を見直す際には、適切な物を与えているか、適切な量を与えているか確認しましょう。

ハムスター飼育経験の浅い方の中には、餌としてひまわりの種を与える人もいます。しかし、種子類はカロリーが高いうえに補えない栄養素が多いためハムスターの餌には向いていません。ハムスターの餌はペレットと呼ばれる固形状のもので、毎日の栄養管理がしっかり行われるよう必要な栄養素がバランスよく含まれています。

ペレットを与える際には、それぞれの商品に記載されている重さを目安に与えるようにしましょう。ダイエットしている場合でも、与える量を減らす際には急に減らしすぎないよう注意が必要です。

ちょこ
ちょこ

巣箱に餌を貯め込んでいた時には、与える量を減らしても大丈夫だよ!

ハムスターにおすすめの餌6選|購入しやすく食いつきが良い!
ハムスターの飼育を始めるにあたって購入しなければならないのが、餌です。ハムスター用の餌には、ハムスターが生きるために必要な成分がバランスよく配合されており健康維持だけでなく体重管理に役立ちます。しかし、ハムスター用の餌は各社が販売...

飼育スペースを広くする

ハムスターの運動を促す方法として広い飼育スペースで飼う方法があります。広めのケージで飼うことでハムスターの動く量が自然と増えてダイエットに繋がります。

広い飼育ケースを用意できない方には、お散歩用のサークルがおすすめです。サークルを設置し、その中に餌や給水器、ホイールを設置しておけば自然と運動するようになり、ダイエットに繋がります。飼い主がハムスターを踏んでしまう危険も減るため購入しておくと安心のアイテムです。

無理のない体重管理を

このページでは、ハムスターの適正体重や肥満の見分け方、ダイエットの方法を紹介してきました。ハムスターの健康管理には無理のない体重管理が必要です。しかし、過度な食事制限や急な運動は体に負担を掛けることになるため適切な方法を実践する必要があります。

このページの内容を簡潔にまとめると、ハムスターの適正体重は

  • ゴールデンハムスター・・・80~150g
  • ジャンガリアンハムスター・・・25~50g
  • ロボロフスキーハムスター・・・15~35g

であり、この数値を大きく超えているとダイエットの必要があるかもしれません。また、ハムスターの肥満を見分ける方法には、お腹の肉が厚くないか、のそのそ歩いていないか、活発に運動しているかがあります。

飼育しているハムスターにダイエットの必要性が感じられたら無理のない範囲で、運動と食事の見直しを行いましょう。

ろぼ
ろぼ

寿命まで健康に生きられるよう健康管理には気を遣ってあげてね!

コメント