お得な情報!

Amazonでプレミアムフードが安く購入できることをご存知ですか?
ホームセンターで購入するより安いので、筆者も愛用しています。

チェックしてみる

ハムスター飼育におすすめのケージとは?種類ごとの人気商品をご紹介

ハムスターグッズ

ハムスターの飼育あたって必ず必要となるのがケージです。大きさや形は飼育するハムスターの品種によって異なりますが、少なくとも1つのケージは用意する必要があります。

どういったケージを使えば良いのか分からないと言う方のためにこのページでは、ハムスター用のケージの種類とそれぞれのメリット・デメリット、おすすめのケージを紹介します。

ハムスター飼育に必要な物はこちら

ハムスター飼育に使われるケージの種類

まずはハムスターのケージにどんなものがあるのか確認していきましょう。ハムスター用のケースは大きく分けて3種類になります。

金属製のケージ

初めてハムスターを飼育する人の多くが購入するケージです。カラフルなものが多く、子供におすすめです。

2000円から購入できる安価なケージであるため初心者からの人気が高いです。

メリット金属製のケージは安く購入できる上に通気性と軽さに優れ、隙間からはハムスターに餌を与えることができます。横から手が入れられる仕組みになっていることが多く、ハムスターを怖がらせずに触れ合うことができます。
また、本体が解体できるため掃除がしやすいところも初心者におすすめされるポイントです。
デメリット金属の網はハムスターがかじりやすいためハムスターに齧り癖が付くこともあります。また、金属を噛むことでうるさかったりハムスターの噛み合わせが悪くなるなど問題もあるためかじり木などを入れて対応する必要があります。

プラスチックのケージ

プラスチックケージは、金属ケージと同様に安価で購入できて人気があります。金属製のケージに比べてシンプルなデザインで、部屋においても違和感がなく大人からの人気があります。

変に目立つことがないので、落ち着いた部屋におすすめです。

メリットプラスチックのケージでは、ハムスターが噛む場所が少なく歯を傷つける心配がありません。また、横開きで大きく開くものが多く掃除がしやすくなっています。
ケージ専用のボトルやホイールが販売されていて買い替えにも便利です。
デメリット金属製のケージに比べ多少値段が下がること、商品によっては通気性が悪いこと、プラスチック製のために割れやすいこと以外にはとりわけ大きなデメリットはありません。

ガラス製の水槽

ガラス製の清掃は中にいるハムスターの様子がよく見えるため、飼育になれた方に使用されます。他の飼育用品は個別で購入する必要があり総合的な価格は金属製のケージやプラスチック製のケージよりも圧倒的に高くなります。

ハムスターの様子がしっかり見えるため観察したい方におすすめです。

メリット中にいるハムスターがよく見えたり、音声があるため冬での飼育に向いています。動物用の水槽は内側にシリコンがなく、ハムスターがかじる部分がありません。端を傷つけることがないので安心です。
デメリット水槽自体が重く持ち運びに不便であったり、通気性が悪いために湿度が高くなり最近が発生しやすい環境になります。水槽で飼育する場合には置き型のホイールを使ったりと、それぞれの飼育用品を個別で購入する必要があります。これによって初期費用がより高くなるので初心者にはおすすめできません。

衣装ケース

衣装ケースは本来衣類を入れるためのプラスチックケースですが、幅の広いものが多く安価で購入できるためハムスター飼育のケージとして使用されることがあります。安い素材の衣装ケースであれば500円前後で購入できます。

初期費用を抑えたい方におすすめです。

メリット衣装ケースは非常に安い値段で購入できる上に広々としており、2を外せばかなり通気性が良くなります。また、キャスターが付きのケースを使用すれば移動も楽になります。
デメリット安く購入できる衣装ケースには半透明のものが多く、中にいるハムスターがよく見えないことがあります。また、ハムスター用の試供品は設置型のもの、吊り下げて使うものをそれぞれ購入する必要があります。衣装ケースの蓋を使う場合には穴を開けて金網を設置する、空気穴を多く開けるなどの工夫が必要です。

おすすめの金属ケージ

マルカン ミントチョコハウス

32 × 42.5cmと小型ながら2階建てになっているのでハムスターがより自由に過ごすことができます。小さい頃のゴールデンハムスターであればこのケージで飼育することができます。分解がしやすく、汚れもふき取ることができるので掃除が簡単です。

給水ボトルが小さいのがネックですが、ホイールも比較的静かで取り分け大きなデメリットのないケージになっています。初心者が始めて使用するケージとしておすすめです。

大きな扉のショコラハウス

20 × 31cmと小さめなのでドワーフ系ハムスター専用ですが、値段が安く購入しやすいです。落ち着いた色合いのケージを探している方におすすめです。

ホイールが広まった作りになっていて慣れないハムスターがうまく走れないことがあったり、サイレントホイールでないために音が大きいなどの欠点があります。ホイールはサイレントホイールを別で購入して付け替えると良いでしょう。

マルカン 2階でくるくる

2階建てで様々な遊び道具が付いたハムスターケージです。滑り台を上った2階にはホイール代わりのランナーボール、計測器が付いています。ハムスターがどれくらい走っているのか知ることができるため、子供の自由研究にもおすすめです。

ハムスターのおうちが付いていないので、別売りの物を購入するようにしましょう。なお、ホイールの取り付けスペースはほとんどなく、サイレントホイールを使いたい場合には小さめの物を購入する必要があります。

おすすめのプラスチックケージ

ジェックス グラスハーモニー

透明でシンプルな作りになっており、大人向けデザインのプラスチックケージです。部屋においても違和感がなく、大人におすすめの一品です。全面が大きく開く構造になっているためハムスターを怖がらせることなく低い位置から手を入れることができます。また、サイズ感のあるグラスハーモニーならゴールデンハムスターも飼育することができます。

ホイールや給水ボトルなど専用のアイテムが販売されているので買い替えが楽になります。給水ボトルの穴をかじられる恐れがあるため、ボトルは常に設置しておきましょう。

ルーミィ グランスペース

47×32cmで大型のハムスターもゆったり過ごせる設計になっています。全面の上部に大きめの扉が2つ付いており、世話や掃除がしやすくなっています。また、ハムスターのかじる部分がないためケージが壊される心配がありません。

ただし、扉が2つとも上側についているため中にいるハムスターは恐怖を感じるかもしれません。できるだけ低い位置から手を入れるよう気を付けてお世話をしてください。

おすすめの水槽

寿工芸 クリスタル水槽 KC-600S

60 × 29.5cmと広めの設計で、高さも36cmあるためハムスターが脱走する恐れがありません。また、内側の接合部分にシリコンがないためハムスターが齧ったりシリコンを口に入れてしまうこともありません。ハムスターをしっかり観察したい方におすすめです。

上面に網を設置しない場合には、大きめのハウスなど登れるものを置かないように気を付ける必要があります。また、本体が6kgほどあるので持ち運びの際に落とさないようご注意ください。

おすすめの衣装ケース

アイリスオーヤマ 収納 キャリーストッカー

1000円で購入できる安価な衣装ケースです。内側に凹凸がないため、ハムスターに齧られて脱走される可能性が低いです。蓋を使用する場合には蓋や側面に穴を開けて通気性を良くするなどの工夫が必要です。

幅40cm×奥行74cmと広めの作りになっているのでドワーフハムスターの多頭飼いやゴールデンハムスターの飼育に最適です。ハムスターを広々を過ごさせたい方におすすめです。

衣装ケースで飼育する方法はこちら

飼育環境ごとに他のアイテムも購入しよう

このページでは、ハムスター飼育に最適なケージとおすすめの商品を紹介してきました。それぞれのケージには異なるメリット・デメリットがあります。予算と目的に合ったものをお選びください。

ハムスターを飼育する環境が決まったら次は餌や床材、ホイール、給水ボトルなど必要なものを購入しましょう。すべてのハムスター用品がセットになったケージもあるので必要に応じてお買い求めください。

ケージセットのホイールがサイレントホイールでない時には、ホイールのみを別で購入して付け替えるのがおすすめです。

ハムスターの飼育にあたって必要なもの、あると良いものは以下の記事で紹介しています。

コメント