ハムスターの飼育に必要なもの、値段をご紹介!【初心者必見です】

ハムスターを飼う

外出を控える社会情勢の中、ハムスターをお出迎えして癒しのある日々を過ごす方が増えています。ハムスターは購入の手軽さと飼育費用の安さから高い人気を誇る小動物の一種です。

小さく手ごろな価格の生き物ですが、飼い主と同じ価値の命を持っています。必要な物はしっかりと買い揃え、人間同様に快適な暮らしができるようサポートしてあげましょう。

このページでは、これからハムスターの飼育を始める方のためにハムスター飼育で必要となるもの、おおよその値段を紹介します。

ハムスター飼育に必要なもの

まずはハムスターの飼育に必要なものを確認しましょう。飼育する数や季節、飼育方法によって必要なものは異なりますが、初心者でも始めやすいメジャーな方法を紹介します。

  • 飼育ケージ
  • ハムスターのおうち
  • 給水ボトル
  • ホイール
  • ペレット(餌)
  • 床材

飼育ケージ

飼育ケージはハムスターを飼育するために用いられ、通気性が良く雑菌が繁殖しづらい仕組みになっています。ケージには、プラスチック製のものやガラス製のもの鉄製の網で囲われたものがあります。

それぞれのケージには、ハムスターの見やすさ、ハムスターが齧ってしまうか、購入しやすいかなどの違いはありますが、初めてハムスターを飼う初心者であれば、プラスチック製のケージか鉄製の網で囲まれたケージがおすすめです。

小さいものであれば値段が2000円から5000円とガラス製のものに比べて購入しやすく、ケージ自体も軽いので持ち運びや掃除に便利です。

おすすめのケージはこちら

衣装ケースで飼うこともできます

専用のケージを購入せず、衣装ケースで飼育する方法もあります。置き型の給水ボトルやホイールを購入し、通気性を良くするためにいくつかの穴を開けることで販売されているケージ同様の飼育環境を作ることができます。衣装ケース自体が安いものでは500円前後で購入できるので、トータルした値段は非常に安く抑えられます。

広めの衣装ケースはハムスターの行動範囲が広くなるため、よりストレスのない環境で飼育したい方にもおすすめです。

衣装ケースで飼う方法はこちら

ハムスターのおうち

飼育ケージの中にハムスターのおうちを設置することでハムスターがストレスなく安心できる空間を作り上げることができます。おうちを設置することでケージ内のハムスターが見えにくくなりますが、小さなハムスターにとって広いケージは隠れる場所のない不安な環境です。ハムスターは自然界でも最も弱い立場にある生き物なので、安心して隠れられる場所を作ってあげましょう。

ハムスターのおうちを選ぶ際には陶器製で重みのあるもの、木製で齧れるものがおすすめです。プラスチック製のおうちは軽くてずれやすい上にハムスターがかじった際にプラスチックが体内に入るおそれがあります。プラスチック製のおうちを使ったからといってとりわけ大きな問題が起こるわけではありませんが、推奨はできません。

500円から1000円ほどと安い値段で購入できるので、広すぎずハムスターの体がすっぽり収まるサイズのおうちを用意してあげましょう。

給水ボトル

給水ボトルはハムスターが水分を補給するために設置します。ボトルは大きく分けて置き型と壁に設置するタイプ、つるすタイプの3つになります。ハムスター専用のケージを購入した場合、給水ボトルもついてくることが多いのでそのまま使用して問題ありません。

衣装ケースや水槽で飼育する方は給水ボトルを壁に設置することでハムスターの足場となってしまうことがあります。天井に金網などを設置しない場合は、脱走を防ぐために置き型の給水ボトルをご利用ください。

給水ボトルの値段は1000円前後になります。置き型の給水ボトルの場合、高いもので2000円近くになることもあります。

給水ボトルはボール製のものがおすすめ

多くの給水ボトルは飲み口にボールが入っており、ハムスターがこのボールを弾くことで水が出る仕組みになっています。しかし、中にはハムスターが飲み口を舐めたり吸い出すタイプもあり、慣れないハムスターがうまく水を飲めないこともあります。

購入したペットショップでハムスターがどんな給水ボトルを使っていたかチェックしておくと良いでしょう。

ホイール

ホイールは狭いケージ内でハムスターが運動不足にならないために設置します。ハムスターの中にはホイールを全く使用しない子もいますが、もともと運動量の多い生き物なので運動不足にならないよう設置してあげましょう。

ホイールには壁に取り付けるタイプと自立式の置き型タイプがあります。どちらもハムスターの脱走を防ぐため登りにくい作りになっているので、使用するケージに合わせてご購入ください。

ホイールを選ぶ際には、ベアリングの使用されたサイレントホイールがお勧めです。ホイール部分のメンテナンスさえ行えばほとんど音がしません。夜間にホイールの音がうるさくて眠れないこともなくなるのでおすすめです。サイズにより値段は異なりますが、1000円から1500円程度で購入することができます。

ペレット(餌)

ハムスターの食べ物といえばヒマワリの種をイメージする方もいるかもしれません。しかし、ヒマワリの種はハムスターにとってのおやつであり、脂肪分が多いために主食として与えるべきでありません。

ハムスターの主食はペレットになります。ペレットにはハムスターに必要な栄養分がバランスよく配合されており、健康の維持に役立ちます。

ハムスターの飼育に慣れた方の中には鳥のささみや煮干しなどを与えている人もいますが、与え方に注意する必要があります。初めてハムスターを飼育する人はペレットと一緒にキャベツやニンジンなど少量の野菜を与えるようにしましょう。

床材

床材はケージ内に敷くことで巣材やクッションの役割を果たします。床材には紙製のもの、木材のチップ、パルプがあります。ハムスターには木材チップにアレルギー反応を起こす個体もいるので、紙製のものがおすすめです。

ただし、紙製の床材は1Kgあたり1000円以上と値段が高いため費用を抑えたい方には広葉樹チップの使用をおすすめします。使用してアレルギー反応があった際には紙製に変更してください。

ハムスターの飼育にあると良いもの

ここまででハムスターの飼育に必要なものを紹介してきました。上で紹介したものはハムスターを飼育するにあたって必ず揃えておきたいアイテムになっています。

ここからはハムスター飼育において用意しておくと良いものを紹介します。必要に応じて購入してください。

  • 餌入れ
  • かじり木
  • ハムスター用トイレ

餌入れ

必ずしも購入する必要はありませんが、ハムスターに餌を与える際に餌入れがあると良いです。餌入れを設置することでハムスターが餌を渡す場所を覚えて近寄ってきてくれることもあります。

餌入れを購入する場合には陶器製のものがおすすめです。飼育セットを購入した際にプラスチック製の餌入れがついてくることもありますが、プラスチック製ではハムスターが対象をかけた際に倒れやすかったり固定が外れやすかったりと使いづらいことが多いです。

餌入れは自宅にある不要な小皿で代用することもできます。

かじり木

かじり木はハムスターが歯を削るために使います。ハムスターを含めた多くの齧歯類は一生はが伸び続けるため、物を噛んで削ることで適切な長さを保ちます。かじり木を使うかどうかは飼育する個体にもよりますが、かじるものがないためにプラスチックをかじったり金属ケージをかじる恐れもあるます。

値段は500円から1000円ほどと決して高くないため購入しておくと安心です。

ハムスター用トイレ

ロボロフスキーハムスターなど一部の種類を除き、多くのハムスターは飼い慣らすことでトイレの場所を覚えます。ハムスター用のトイレはケースにトイレ砂を敷いて使えます。匂いを吸収してくれるだけでなくケージ内の汚れを防ぐことができます。また、ハムスターの砂遊びの場や寝床代わりになることもあり、普段とは違った姿を見ることができます。

トイレは専用のケースが500円から1000円程度、トイレ砂も大袋で1000円ほどと値段も安いので気になる方は購入してみると良いでしょう。

飼育を始めよう

ここまででハムスターの飼育に必要なもの、あると良いものをそれぞれ紹介してきました。必要なものを買い揃えることができたら早速飼育開始です。

ハムスターの脱走や怪我が起こらないよう適切に設置し、ハムスターの様子を見てみましょう。過度なストレスを防ぐためハムスターが環境に慣れるまでは触ったり覗き込まないのが基本です。

新しい環境にハムスターがなれる様子を遠目で見守りましょう。お出迎えから1週間ほどすれば新しい環境に慣れ、次第に手から餌を受け取ったり手乗りになったりすることでしょう。快適に生活できる空間を提供した上で新しい家族との楽しい生活をお楽しみください。

コメント