お得な情報!

Amazonでプレミアムフードが安く購入できることをご存知ですか?
ホームセンターで購入するより安いので、筆者も愛用しています。

チェックしてみる

ハムスターにブロッコリーを与えても良い?与え方と注意を易しく解説

ハムスターを飼う

ハムスター飼育をしている人の中には、スーパーや冷蔵庫の野菜を見て「これはハムスターに与えて良いのかな?」と疑問を持つ方もいることでしょう。

例えば、冬場に安く購入できるブロッコリーですが、こちらはハムスターに与えてもよいのでしょうか。ハムスター飼育をする上では、与える際の注意点なども知っておきたいことろです。

このページでは、ハムスターにブロッコリーを与えて良いのか、ブロッコリーがハムスターの体に与える影響と与え方、与える際の注意点をご紹介します。

ハムスターにブロッコリーを与えて良い?

ブロッコリーの画像

まずは、ブロッコリーをハムスターに与えて良いのか確認しておきましょう。

ブロッコリーはハムスターに与えて良い食べ物とされています。

ブロッコリーは、栄養価が高く含まれる栄養の種類も多いため、ハムスターの健康管理に取り入れたい野菜のひとつです。豊富な栄養を取れるうえにカロリーが低く、ハムスターの肥満に繋がりにくいのもメリットのひとつです。

また、寒い季節には安く購入できるのでコスパもかなり高めです。

ブロッコリーに含まれる栄養素

ブロッコリーには、主に以下の栄養素が含まれます。

  • ビタミン
  • たんぱく質
  • 葉酸
  • カリウム
  • 食物繊維

この他にも、クロムやカロテンなど様々な栄養が含まれます。特にブロッコリーに含まれるビタミンCの量は豊富で、その量はレモンにも勝ります。

食物繊維も豊富に含まれており、ハムスターの健康管理に役立ちます。

ブロッコリーがハムスターに与える影響

ブロッコリーがハムスターの体に与える影響を確認しておきましょう。

まず、ブロッコリーに含まれるビタミンC、ビタミンEがハムスターの健康に役立ちます。ビタミン不足を防げるのはもちろん、抜け毛、ストレス対策になります。また、葉酸は細胞の働きを正常に保つ働きをし、代謝や体の発達に欠かせない栄養素です。

食物繊維も体調管理に役立つので適切な量を与えると良いでしょう。

ブロッコリーの与え方

ハムスターにブロッコリーを与える方法と与える際の注意点をご紹介します。

ブロッコリーは、適切な量を与えることでハムスターの成長や体調管理に役立ちます。ブロッコリーを与える際には、水でしっかり洗浄し、水分を拭きとってください。ブロッコリーの表面には農薬が付いていることがあり、これをしっかり落とさないとハムスターの健康が害されることがあります。また、ブロッコリーは水分を多く含むため与えすぎると下痢になる可能性もあります。与える際には、数センチ各にカットして1日あたり1~3個ほどを目安にしてください。

ブロッコリーは比較的硬さのある食べ物なので、年老いたハムスターに与える際には、一度茹でると食べやすくなります。(ビタミンなどの栄養価は過熱することで失われることがあるのでご注意ください。)

ハムスターとブロッコリーのまとめ

このページで紹介したハムスターとブロッコリーの関係は以下の通りです。

ブロッコリー
・ブロッコリーの主な栄養素ビタミン
たんぱく質
葉酸
カリウム
食物繊維
・ブロッコリーは与えて良い食べ物か?与えて良い
・ブロッコリーは与えるべき食べ物か?与えるべき(代用可能)
・ブロッコリーの与えるべき量1日あたり3~5g前後(ハムスターによる)
・ブロッコリーを与える際の注意点与えすぎない
茎を与えない
皮を与えない
塩で茹でない
・ブロッコリーの与え方よる悪影響(肥満)
下痢

ハムスターの健康を学びたい方にはこちら

正しく知っておきたい ハムスターの健康と病気

ハムスターの健康を意識する人に最もおすすめの本が『正しく知っておきたい ハムスターの健康と病気』です。

『正しく知っておきたい ハムスターの健康と病気』では、ハムスターの健康を保つためのポイントや症状ごとの対処法がイラスト付きで分かりやすく解説されています。自宅で実践できる情報が豊富に記載されているため、ペット保険に入っていない方、近くにハムスターを見てくれる病院がない方はこの本を持っておくと安心です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました