お得な情報!

Amazonでプレミアムフードが安く購入できることをご存知ですか?
ホームセンターで購入するより安いので、筆者も愛用しています。

チェックしてみる

ペレットだけでハムスターは飼える?飼育初心者にも分かりやすく紹介

ハムスターを飼う

ハムスター飼育を行っている皆さん、ハムスターの餌には何を与えていますか?また、これから飼育を考えている方は何を与える予定でしょうか?

ハムスター飼育で欠かせないのがペレットと呼ばれるご飯ですが、飼い主の中には「ペレットだけでは不安」「購入したペットショップがペレットだけでなく、ひまわりの種も与えていた」「それ以外にも様々な食物を与えた方が良いのでは」と不安を感じる方もいることでしょう。

そんな方々のためにこのページでは、ハムスターのペレットについての基本情報から与え方、ペレットだけで飼育することができるのかなど餌に関する情報を紹介します。

ハムスター用のペレットとは

ハムスターと餌

ハムスター用のペレットとは、ハムスターの飼育において必要な栄養素を配合し、固形にした餌のことです。小麦粉や米、粟、大豆など様々な穀物が含まれており、非常に硬く作られています。

基本的にペレットはハムスターの主食として使用され、肥満や栄養の偏り、歯の伸びすぎを防いでくれます。商品によっては、ドワーフハムスター専用のものやゴールデンハムスター専用のものがあり、それぞれのサイズ、活動量に合わせたタンパク質が配合されています。

ペットショップによっては、餌としてペレットだけを与えているところも多々あります。まずは、ハムスターの餌について誤解のないように詳しく見ていきましょう。

ひまわりの種は主食ではない

ハムスター飼育をしたことのない人の中には、ハムスターの色をひまわりの種と勘違いしている方も多くいます。しかし、ひまわりの種はハムスターの主食ではなくおやつとして与えるべき食べ物です。

ひまわりの種には多くの脂肪分が含まれているため、主食として与えてしまうと肥満の原因となります。ひまわりの種だけを与えているペットショップもありますが、販売されているハムスターを見るとその多くが太りすぎています。

おすすめのペレットはこちら

ハムスター用ペレットの栄養素

では、次にハムスター用のペレットに含まれる栄養素を確認していきましょう。含まれる栄養素は、与えるペレットにもよりますが主に以下のような成分が含まれています。

  • タンパク質
  • 脂質
  • ビタミンミネラル
  • カルシウム
  • ナトリウム
  • リン
  • 水分

ペレットに含まれる栄養素は、どれもハムスターの成長や活動に必要なものです。含有物、含有量は製品ごとに異なりますが、記載されている与え方の基準に従えばバランスよく栄養摂取することができます。

ひまわりの種や野菜だけでは補うことができない栄養素が含まれているので、必ずペレットをベースとしたご飯を与えてください。

ペレットだけで飼育できるのか

ここからは、ハムスターをペレットだけで飼育することができるのかについてご紹介します。結論から言うと、ペレットだけでも十分に飼育することが可能です。

上でも記載した通り、ハムスター用のペレットにはハムスターが活動するのに十分な栄養素が含まれています。もちろん、キャベツなどの野菜に含まれるビタミンや種類に含まれる脂肪分もバランスよく配合されており、ペレットの他に食べ物与えなくても十分に飼育することができます。

また、ペレットを指定の量まで与えて、その他におやつを与えてしまうと肥満にも繋がるため、ペレット以外には何も与えない方が良い時もあります。

ハムスターを飼育しているブリーダーの中には、ペレット以外与えないようにしている人もいるようです。ハムスターの体に合わないものが入っていないために安心とのことです。

ペレットだけでは不安な時

ここまでで、ハムスターのペレットについての紹介やペレットだけで飼育できるかを紹介してきました。基本的にペレットには必要な栄養素がバランスよく配合されているため、餌はペレットだけでも問題ありません。

しかし、以下の場合には、ペレットだけでなく他の食べ物で栄養素を補ってあげると安心です。

  • ペレットを食べてくれない時
  • 運動量が多くて痩せている時
  • 妊娠や出産をする時

ハムスター用のペレットは、他の野菜や種子に比べて匂いが強いために嗅覚の優れたハムスターは嫌う傾向があります。これまで種子類を食べてきた個体は、初めて嗅ぐペレットの匂いに警戒心を抱いて食べてくれないことがあります。

また、普段からたくさん運動する個体や妊娠、出産を迎えるメスは、通常のハムスターより多くの栄養素を必要とします。この場合、ペレットを基準より多く与えることで不足した栄養を補うことができます。しかし、ビタミンや動物性タンパク質など特定の栄養素をピンポイントで補いたい場合には、ペレットだけを与えるのではなく野菜やミルワーム、ささみ、ゆで卵の白身など他の食材を与えてみても良いでしょう。

ハムスターが餌を食べない時の対処法はこちら

ハムスターペレットのまとめ

ハムスターの主食となる食べ物は、ひまわりの種ではなく専用のペレットです。購入する製品にもよりますが、ペレットにもゴールデンハムスター用とドワーフハムスター用が用意されています。

ハムスター用のペレットには、ハムスターが生活するために必要な栄養素がバランスよく配合されています。商品に記載されている基準に従った量を与えれば、ペレットだけでも十分に飼育することができます。

ただし、ハムスターが痩せている時や運動量が多い場合、妊娠や出産をする場合には規定量のペレットだけでは栄養が補えていないことがあります。ペレットを通常より多く与えるか他の食物を与えるなどの工夫で足りない栄養素を補ってあげてください。

ろぼ
ろぼ

何の栄養がどのくらい足りないかわからないときには、ペレットを多く与えておくのが安心だね!

ジェックス ハムスタープレミアムフード

内容量:400g
価格:700円前後

おすすめ度1位!
購入しやすい価格で、うちのハムスターのお気に入りNo.1です。

SANKO ハムスタープラス(2個入り)

内容量:200g×2
価格:1100円前後

ペットショップでも使用されているフードです。

マルカン バランスフードPRO

内容量:400g
価格:250円前後

他の餌に比べれ圧倒的に安く、購入しやすいフードです。

コメント